メールは5通で充分!?出会いアプリで出費を抑えて出会いを探す方法

出会いアプリでセフレや恋人を探すときには、どれくらいの金額でいつまでに出会いを見つけるか、目標を定めたほうがよいでしょう。そうしないと、キャッシュバッカーや冷やかしの女性に騙されて、多くのお金と時間を無駄にすることになります。

「なるべく出費を抑えたい」
「短期間で出会いたい」

そんな方も多いのではないかと思います。そこで本記事では、出会いアプリとお金、出会いを見つけられるまでの期間についてお話ししたいと思います。

出会いが見つかるまでにかかるお金や時間

1万円がとりあえずの目安です

出会いアプリでセフレや恋人を探すときの資金は、1万円を上限と考えておきましょう。1万円というのは、優良アプリであれば、メール送信200通分です。結構多いように感じられますが、そんなことありません。複数の女性とダラダラ話していればすぐに200通くらいに達します。

会えそうな人にピンポイントにメールを送り、数通で会う約束を取りつける、または連絡先を交換する――ポイントを徹底的に節約することが重要です。

1、2ヶ月を目安に出会いを探しましょう

1、2ヶ月を目安に、集中して出会いを探すのが、セフレや恋人を見つけるコツです。出会いアプリには毎日誰かが登録していますが、地域レベルで見れば、新規登録者は、数日あるいは数週間に1、2人程度だと思います。

範囲を広げて探すのにも限界はあるので、1、2ヶ月探すと、その地域にはもうアプローチできる人がいないというくらいになるでしょう。同じ人に何度もアプローチするわけにはいきませんから、1、2ヶ月を目安に出会いを探してみましょう。

ポイントを節約する方法は?

メールの回数を減らすことです

出会いアプリの使用において最もお金がかかるのは、メールの送信です。1通50円と先ほど書きましたが、その他のアクションは50円未満になっていることが多く、使用頻度から言っても、一番お金がかかるのはメール送信です。ポイントを節約するには、このメール送信の回数を減らすことが必要になってくるわけですね。

その方法は、どこかのタイミングで相手女性に連絡先の交換を求めること、断られたらその人と連絡を取るのはやめることです。

出会いアプリには、連絡先の交換やデートは「仲良くなってから」と言う女性も少なからずいますが、そのような人は相手にしないほうがいいです。なぜなら、どうなれば「仲良くなった」ことになるのか、その基準が曖昧ですし、長くメールを続けたからといって確実に会えるわけではないからです。

そういう人とメールをすることには、時間とお金を無駄にするリスクが伴いますので、すぐにでも連絡先を交換してくれるような、あるいは待ち合わせしてくれるような、フットワーク軽めの女性を探したほうがよいでしょう。

それこそが、ポイントを節約しつつ早く会うコツです。

女性一人あたり5通で充分!

女性一人とメールする回数は最大5通で充分です。ですから、メールの4通目で連絡先の交換を申し入れ、5通目でメールアドレスなりラインIDなりを送付するわけですね。

もちろん断られることもありますが、そのときには、その女性とメールするのはやめるということです。少々短いように思われるかもしれませんが、本気で出会いを探している女性は、あなたと会ってもいいと考えさえすれば、すぐにでも連絡先交換に応じてくれるものです。

交換を断った時点で、あなたと会うことを本気で考えてはいないことは間違いありません。そんな人と長くメールしても意味が無いのです。

ちなみに私は、若い頃ですが、アプリ登録時にもらえる数百円分の無料ポイント内で女性と会ったことがあります。しかも会ったその日のうちにセックスにまで漕ぎつけました。本気で誰かと会いたい、セックスしたいと考えている女性は、男もびっくりするくらいに積極的で、フットワークが軽いものなのです。

出会いアプリで出会いを探すときには、ぜひ「短期決戦」を心掛けてみてください。

出会えると評判のアプリ厳選紹介!【口コミ人気の出会系アプリ 無料おすすめ情報2017【pentagonwtc.com】