クレジットカードの現金化を行うための手数料って?

クレジットカードの現金化を行う際に必要な手数料というのがよく分からないという人がいるかもしれません。誰に、どのような形で支払えばいいのか、また、金額的にはどれくらいになるのか。実は、クレジットカードの現金化を行うための手数料というのは、個人ですべてのプロセスをこなして現金化ができるのであれば、必要のないものなんです。

クレジットカードの現金化を行うための手数料がどういうものかというと、これを自分で行わずに専門の業者に依頼した際(現金化のための仲介を請け負ってくれる業者があるのです)その業者に対して支払う手数料のことを指します。基本的に、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入した商品の代金の二割りから三割程度を、仲介を依頼した業者に支払うというのが通例になっているようです。

カードのショッピング枠を利用して、価値のある高額商品を購入し、その商品を必要としている人に転売して、結果的に商品を現金に換えるというのが、クレジットカードの現金化という行為です。クレジットカードを利用して購入した商品の転売は認められていないため、現金化という行為については厳しく目を光らせている会社が多いのですが、例えば消費者金融にお金を借りなくても、自分の力だけである程度のまとまった現金を手に入れられるということを考えると、クレジットカードの現金化という行為に魅力を感じる人が多いことにもうなづけますね。

もしも個人で購入した商品の転売がカード会社にばれてしまうと、それはクレジットカードの規約に反するため、最悪の場合ならクレジットカードの利用を止められてしまうことも考えられます。それはカードの利用者にとって非常に重いペナルティーになるので、個人で最初からすべてのプロセスを経験してクレジットカードの現金化を行うというのは、実はとてもリスクが高いのです。

また、現金化の際には商品の転売という行為がほとんどの場合で必要になってくるわけですが、商品を転売しようと思っても(いくら最近ではネットショッピングなどを利用して個人での転売がやりやすくなったとはいえ)本当に高く売れる価値のある商品を見極めて売るというのは、個人には難しいものです。

だから、安全かつ確実に現金化を成功させようと思ったら、そのための専門的なノウハウを持った専門の業者に依頼するのが一番よい方法なのかもしれません。